2016-12-17 平成28年度 第一回理事会

CF終了まで約2週間…
「目標達成に向け 全力で」
NPO法人学校図書館木質・活性化支援センター(藤井フミ子理事長)の平成28年度第1回理事会が17日、 本社会議室(奈良市法華寺町)で開かれた。
10月にスタートしたクラウドファンディング(CF)の進捗(しんちょく)状況や、 今年度のブックスタンド(面展台)贈呈先などが話し合われた。
冒頭、藤井理事長が「CFの残り期間もあとわずか。全力で頑張りたい」とあいさつ。 CFは今年10月6日に「カウントダウン」というインターネットサイトを利用し、 期間3カ月、目標金額55万円で募集。理事らは先月、ジェイテクトアリーナ奈良(橿原市畝傍町) で開催された、PTA近畿ブロック大会でチラシ200部を配布するなど積極的にPRを行っていた。
しかし、来年1月4日の期限に対し、集まった金額は目標の半分にも満たない状況。 出席理事からはさまざま意見が飛び交った。
「今回で得た経験を生かし、再チャレンジしてはどうか」、
「ネットに詳しくない年配者は協力したくてもCFサイトへの登録が難しく、足かせになっている」、
「寄付に近い行為なので、支出の多い子育て世代にはPRしにくい」などの意見が出された。
また「学校図書館の木質化なのだから、現場の先生方にもっと積極的に取り組んでいただけるよう PRしてはどうか」との声も上がった。

約1時間にも及ぶ話し合いの末、最終的に「残り約2週間、各理事が全力で目標達成に向け取り組もう」と藤井理事長。  また、これまで取り組んできたブックスタンドの寄贈は計49校。今年度はこれまで贈っていない地域を中心に 約30校贈呈することや、法人活動をPRするパンフレットの作成なども決まった。

なお、次回理事会は来年4月15日午後1時から、本社会議室で開催される。


出席した藤井理事長以外の理事、事務局員らは次の通り(敬称略)
【役員】副理事長=荒木美久子(県学校図書館協議会会長)
▽理事=白須洋子(NPO法人子どもの人権総合研究所理事長)、
河瀬紀江(奈良子どもの本連絡会代表)、
甲村侑男(県木材協同組合連合会会長)、
出口隆司(前県PTA協議会会長)、
藤山純一(奈良日日新聞社代表取締役)
【事務局】事務局長=渡辺肇



※写真:平成28年度第1回理事会=本社会議室で  

<2016年12月 奈良日日新聞より>

←HOMEへ戻る