2014-06-30 郡山南小にブックスタンド寄贈

子どもたちが木のぬくもりの中で本に親しめる学校図書館をと活動している NPO法人学校図書館木質・活性化支援センター(藤井フミ子理事長)は、 県協働推進課が取り組む地域貢献活動助成事業(復旧・復興支援枠)に参画。 十津川村産材を使用したブックスタンドを6月30日、大和郡山市立郡山南小学校 (同市柳町、馬場多佳子校長)に3台寄贈した。  寄贈式は同校図書室で行われ、5、6年生で構成される図書委員17人が出席。 同センター事務局の鈴木健嗣同小PTA協議会副会長が 「木の良い香りや温かみを感じて」と児童たちに呼び掛け、 目録とブックスタンドを手渡した。  図書委員長の6年生、中川夏希さん(11)は「木の温かみを感じることができて、うれしい。 木は安全だし、いただいたブックスタンドを活用して、すてきな図書館にしていきたい」と喜んだ。 また、副委員長の6年生、堀口真歩さん(11)も「自然が大好きなので、 木のブックスタンドがあるのはうれしい。図書館全体が木でできていたら、 毎日図書室に来るのに」と図書館木質化を切望した。  ブックスタンドは今後、県内の小中学校約20校への寄贈が予定されている。

<2014年7月 奈良日日新聞より>

←戻る